i-Construction
国土交通省では、土木工事において魅力ある建設現場を実現するため、建設現場で働く労働者一人一人の生産性向上、建設現場に携わる人の賃金の水準の向上、飛躍的な安全性の向上を目指し、建設工事における一連の工程において三次元データを活用するi-Constructionの導入を進めています。i-Constructionは「ICT技術の全面的な活用」、「規格の標準化」、「施工時期の平準化」等の施策を建設現場に導入することによって、建設現場のプロセス全体の最適化をはかり、現在の発注工事から運用され始めています。 主に土工事において、生産性を上げるために三次元スキャナーやドローンなどで着手前測量を行い、点群データから三次元データに変換、同時に当初発注の二次元設計図も三次元データに変換し、着手前測量データと合体させます。専用データに変換後そのデータを各施工機械のコンピューターに入力し、オペレーターはモニターを確認しながら施工します。そうすることによって、従来の丁張設置が大幅に削減でき、線形変更などの対応もデータの入替を行うことで簡単に修正が可能となるのです。管理も、従来の測点の法長や高さの概念を切換えて面的な管理となり、検査方法も大幅に変更されます。また、使用機械の軌跡データで日々の施工箇所・作業量が記録されるため、施工量の把握が簡単にできます。 三次元計測の施工事例
三次元計測等に関すること お気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら

〒700-0985   岡山県岡山市北区厚生町2丁目11-15    TEL086-234-7111 FAX 086-234-6333

特定商取引に基づく記載

レンタル約款

プライバシーポリシー